INDEX

社会福祉法人 来友会 小規模多機能ホーム
               くすのき

所在地  大阪府泉佐野市春日町
建築規模 木造2階建て 
建築面積 287.79㎡ (87.05坪)
延床面積 499.18㎡ (151.00坪)
竣工年  2011年
構造   有)コア構造研究所 中西尚晃
写真   母倉知樹
施工   株式会社 徳岡工務店

 

老人介護施設「くすのき」

大阪の地元産材を100%使用して建設され、地産地消を実現した老人介護施設。
日本では、戦後に植林された人工林の利用を促進するため、公共建築物などの大規模建築物においても木材の積極的な活用が求められている。 「老人介護施設 くすのき」では木材利用への貢献を図るため、構造材には住宅用として流通する12センチモデュールの木材を採用した。住宅用流通材を用いることは、大空間などの特殊解には向かないが、ヒューマンスケールの空間を作るには非常に適している。結果、コストダウンにつながるとともに、今後の木造公共施設等整備の規範となるようなプロトタイプの建築へと結びつくことをめざした。細やかなデザインや寸法にこだわり、居住者、介護人、すべての人にとって利用しやすく、快適な空間を提案した。

Nursing home kusunoki
This nursing home implements ‘local production for local consumption’, by using 100% timbers produced in Osaka to construct the building.
In Japan, it is recommended to use timbers for large scale structures, like public buildings, as much as possible, in order to promote the usage of artificial forest planted after WWⅡ. In order to contribute to the timber usage, “Nursing home KUSUNOKI” has adopted 12cm module timber, which is distributed as a residential use for the structure. Using such timber is not suitable for large spaces, but is suitable for creating smaller, human-scale spaces. It will result in cost reduction and at the same time, aiming for it to be a prototype building which can be a model for future wooden structured public buildings.
Being conscious about the design and the size, it has become a comfortable space and easy to use for everyone, including residents and care workers.






INDEX