INDEX
神戸北鈴蘭台の家
 
所在地  神戸市北鈴蘭
建築規模 木造2階建て
建築面積  91.09㎡    
延床面積 135.02㎡    
竣工年  2009年
写真   玉森潤一
施工   高柴商事
 

北鈴蘭台の家
ログハウスに住まうことを希望していたクライアントであるが、設計の自由度や施工事情を考慮し、木造軸組工法を採用しながらも、木質仕上げを多用する解決方法を選択した。
プライベートな個室、水回り、収納などの諸室は橋脚のように両脇に配置し、大屋根を支えるための構造基盤として利用した。対照的にセミパブリックな使い方を求められたリビング・ダイニングは開放感を持たせるため、オープンな半屋外空間となるよう意図している。その半屋外空間は各部屋とつながる回遊動線の中心とし、常に家族の居場所を感じ取ることができるよう配慮した。
象徴的な大屋根は、夏の強い日差しを遮り、冬の暖かい日差しを受け入れ、眺望、風、光を取り入れる為のシェルターをシンプルに表現した結果である。

House in Kobe kitasuzurandai
The client had been wishing to live in a log-house. However, considering the flexibility of the design and the contraction conditions, they have chosen to adopt “timber frame work method” and use timber finish as much as possible as the solution.
Spaces including private rooms, wet areas, and storages spaces are placed on the sides like a pier, so that they can be used as a structural basis to support the main roof. On the other hand, the client requested the living-dining to be a semi-public area, therefore, is made to be an open space with a half-outer so that you can feel the spaciousness. This half-outer area is the centre of a circular route, which is connected to each room. This will allow the family to recognize the location of each other.

The symbolic main-roof is a result of simple representation of the shelter to accept the light, breeze and view. It blocks off the strong sunlight in summer and receives warm sunlight in winter.

1
INDEX